予防歯科
トップページ
初めて当院へお越しの方へ
院内・医療設備のご紹介
治療中に苦しくなったら…
治療方針
4つの安心
歯内療法(根管治療)
コミュニケーション重視
トータル・ホワイトニング
予防プログラム
虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
インプラント・入れ歯
親知らず治療
審美歯科・ホワイトニング
顎関節症・スポーツ歯科
Q&Aよくあるご質問
ブログ
リンク
早稲田大学学生健康増進互助会指定医院

予防歯科について

日本では現在、80歳の方の歯の平均残存指数はたったの6.8本(厚生省調べ)しかありません。通常、人間のお口の中には28本の歯がありますから、約4分の1しか残っていないことになります。アメリカであれば85歳のときに平均15.8本、スウェーデンであれば75歳で平均19.5本の平均残存歯数となっています。

この差はいったい何なのでしょうか?それは根本的な考え方の違いにあります。昔から日本では「悪いところを削って詰める」「歯医者には歯が痛くなってから行く」といったような考えがあります。これには保険制度の影響があるとも言われていますが、欧米諸国が「歯が悪くならないためにはどうすべきか」という視点に立って歯科医療を発展させてきたことと大きく異なる点です。

では、どうすれば欧米諸国のように長く歯を維持できるのか?それは正しい予防の知識と定期的なメンテナンスです。体の健康を維持・チェックするのに人間ドックへ行くように、歯にも定期検診が必要です。そして、虫歯や歯周病にならないよう日々のプラークコントロールが重要となるのです。

PMTCについて

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、専門の歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。「歯ブラシをしっかりしているから問題ない」と考えている方も多くいらっしゃいます。しかし、歯ブラシを一生懸命しても、落とせない汚れがあることが事実です。それが歯石とバイオフィルムです。歯ブラシだけでは取り除くことのできない汚れをなくすことで、虫歯や歯周病を予防できます。

特にバイオフィルムが溜まりやすい「歯と歯の間」、「奥歯のまわり」、「歯と歯ぐきの境目」、「かぶせ物のまわり」等を重点的にお掃除していきます。

STEP(1)
まず染出し剤を使用し磨き残しを確認します。
※染め出し剤はお口の環境やお手入れの状態により使用しない場合もあります。

STEP(2)
磨き残しの部分を専用の機械で除去します。その後、歯肉を傷つけないよう柔らかいラバーカップという機械で境目の汚れを落とします。

STEP(3)
機械だけでは落としきれない凹みや窪みの部分はプロの衛生士が丁寧にクリーニングします。

STEP(4)
歯茎が引き締まっていてとてもキレイに仕上がりました。最後にフッ素を塗布して歯質の強化を図ります。
 
プライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) CHUO DENTAL CLINIC,ALL RIGHTS RESERVED.

web予約