Q&A よくあるご質問
トップページ
初めて当院へお越しの方へ
院内・医療設備のご紹介
治療中に苦しくなったら…
治療方針
4つの安心
歯内療法(根管治療)
コミュニケーション重視
トータル・ホワイトニング
予防プログラム
虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
インプラント・入れ歯
親知らず治療
審美歯科・ホワイトニング
顎関節症・スポーツ歯科
Q&Aよくあるご質問
ブログ
リンク
早稲田大学学生健康増進互助会指定医院

Q&A よくあるご質問

ここでは歯科治療に関するよくあるご質問をまとめています。治療を始める前にチェックしてみましょう!

なるべく短期間で治療したいのですが?
まずは、お口の中を拝見しないとお答えできません。なるべく患者様のご希望にそえるよう努力いたしますが、最善の治療をするためには、どうしても治療が長期にわたる場合もございます。治療の中断は症状の悪化につながりますので、治療計画にご納得されてからの治療開始をお勧めいたします。

神経を抜くことでデメリットはありますか?
神経をとってしまうと歯が弱くなってしまうので、噛み合わせに負担がかかり、歯が折れてしまう場合があります。極力、神経を抜かない治療法をお勧めしております。しかし、虫歯が深く痛みが強いときなど、神経を抜かざるを得ない場合もあります。その際は、歯の根の治療(根管治療)をしっかり行っていきます。当院では日本歯科保存学会認定の「歯科保存治療専門医」が治療を行っていますので、ご不安な点等ございましたらお気軽にご相談ください。

Q
乳歯期の虫歯にはどんな影響がありますか?
A
虫歯が大きくなると痛みが生じ腫れることもあります。永久歯を作っている時期ですと、もろい歯になるなど今後出てくる永久歯に悪影響を及ぼすことがあります。虫歯が大きすぎて歯が小さくなったり、抜かなくてはいけなくなると永久歯が生えてくる場所が足りなくなり、歯並びが悪くなることがあります。

Q
矯正中、食べてはいけないものはありますか?
A
基本的には何を食べても構いませんが、キャラメルのような粘着性のあるものや、極度に固いものは治療時に取り付けた矯正装置の脱離の要因となるので控えた方が良いでしょう。

Q
スポーツや楽器の演奏はできますか?
A
顔や口元に衝撃のある、空手、ボクシングなどの格闘技は避けた方が無難でしょう。管楽器は、装置をつけた時は違和感があるようですが、すぐに慣れて問題ないようです。基本的には、日常生活にそれほど支障はありません。

Q
歯周病は自然に治りますか?
A
自然治癒では治りません。しかし歯周病は、予防でき治療も可能です。大切なのは正しいブラッシングを毎日することです。専門家により歯石を取り除き歯周菌の棲みやすい環境をなくすこと、歯科衛生士による専門的なクリーニングを定期的受けることが歯周病予防につながります。

Q
インプラントの手術は痛いのですか?
A
インプラントは局所麻酔下で埋入されるため、術中まったく痛みはありません。術後は数日間腫れることもあります。また術後の痛みが、少し出ますが処方する鎮痛剤で対処することが出来ます。

Q
インプラント治療中は歯がないままになってしまうのですか?
A
治療期間中は仮歯を入れることが可能です。しかし骨移植が必要な場合には、局部に圧力をかけたりするのは、しばらく控えたほうがいいこともあります。患者様の状況により異なる場合もあります。

Q
インプラントの人工歯は、どのくらいもつのですか?
A
天然歯と同様、普段のお手入れが必要です。きちんと歯磨きを行い、定期検診を受けていればインプラントは半永久的にもちつづける事が可能です。しかし、歯冠部分は天然歯と同じように、すり減ったり傷んだりしますが、それは歯冠部分のみの修理、作り直しで対処することが可能です。

Q
寝るときは入れ歯(義歯)をはずした方がいいですか?
A
基本的なお手入れは夜外して、寝ている間に洗浄し、朝また装着するようにしてください。患者さんの残っている歯の状態によっては、洗浄して装着したままの場合もあります。寝ている間のくいしばりや顎にかかる力を考慮しなければなりませんので、医師より説明を受けて下さい。
 
プライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) CHUO DENTAL CLINIC,ALL RIGHTS RESERVED.

web予約