メール相談室
トップページ
初めて当院へお越しの方へ
院内・医療設備のご紹介
治療中に苦しくなったら…
治療方針
4つの安心
コミュニケーション重視
予防プログラム
根管治療(歯の根の治療)
歯内療法(根管治療)
虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
インプラント・入れ歯
親知らず治療
審美歯科・ホワイトニング
顎関節症・スポーツ歯科
Q&Aよくあるご質問
ブログ
リンク
早稲田大学学生健康増進互助会指定医院

治療費について


前歯の被せ物

前装冠

前装冠とは、目に見える部分を自然な歯の色に近いアクリル樹脂や陶材で作られた被せ物の事で、差し歯に使用されることがあります。 中が金属である為、噛み合わせが強い部分でも使用する事が可能です。


オールセラミックス

セラミックスとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックの自然な仕上がりで、虫歯跡を目立たないようにできます。


メタルボンド

見た目が自然の歯に近く、歯先に透明感があり、変色もしません。強度があり、磨り減ってくる事がありません。 さらに、中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。


奥歯の被せ物(クラウン)

銀歯

銀を主成分とする、最も一般的な被せ物です。保険が適用されており、基本的に前から4番目以降の歯に使用されるので、奥歯や目立たない部分の歯は銀歯でも構わないという方にとってはコストパフォーマンスの高い方法です。


オールセラミックス

全体がセラミックでできたかぶせ物です。このセラミックの白さはほとんど経年変色を起こすことはなく、プラークもつきにくいという特徴があります。


メタルボンド

中身の部分は金属で、外側にのみセラミックを貼り付けたものです。 見た目が良く、自然で変色せず、強度も高いので非常によく使用されます。


ゴールド

銀の代わりに金を主成分としており、銀歯に比べて錆びにくく耐久性があります。保険適用外ですが、歯と金歯の間に隙間を作らずフィットするので虫歯の再発リスクが低く、金属アレルギーも発症しにくい性質を持っています。


歯の詰め物(インレー)

銀の詰め物

強度が強く、主に奥歯に使用されることの多い詰め物です。 保険が適用されるので経済的な反面、材質が硬過ぎて歯との間に隙間ができたり、その隙間から細菌や食べかすが入って二次的な虫歯を引き起こす可能性があります。


ゴールド

金合金や白金加金で作られた詰め物で、こちらも基本的に奥歯に使用されます。 銀の詰め物(メタルインレー)に比べて硬過ぎない分周囲の歯を傷付けにくく、錆びて金属イオンが溶け出すことも少ないため 長く使用できます。


オールセラミックス

セラミックでできたインレーです。色の設定が自由で、光を透過する素材のため、美しく自然な仕上がりになります。


歯を失ったとき

義歯

床(しょう)と呼ばれる土台の上に人工の歯を乗せた入れ歯のことで、 保険適用内・外のものとで使用する素材や製作方法が異なります。最初は違和感がありますが、 自身で自由に取り外しができ、手入れもしやすいです。


ブリッジ

欠損部にかぶせる人工歯と、両隣の歯にかぶせる歯冠が一体となったものを装着します。 支えとなる両隣の歯に土台になれる強度があれば治療が可能です。 外科治療の必要がなく、自然な歯の感覚で食事を楽しめます。


インプラント

失った歯の部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着して自分自身の歯のように機能させる治療法です。 固定式なのでガタつきがなく、健康な歯を削ることもないので 一度手術すれば長く安定的に使用できます。


ホワイトニング

ホームホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削ったり、被せ物や詰め物をせずに特殊なお薬でご自身の歯そのものを白くする方法です。 また歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。
なお当院では、ホームホワイトニング材「ティオン ホーム」を用いてホワイトニングを行います。


オフィスホワイトニング

当院で行うオフィスホワイトニングには、ブリリカ(BRILLICA)という専用LEDライトを採用しています。 ホワイトニング剤を歯に塗布してから光を照射する際、ブリリカなら位置が固定され、効率的です。また患者様も動くことが出来、負担が従来よりも軽減されました。

 
プライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) CHUO DENTAL CLINIC,ALL RIGHTS RESERVED.

web予約